疲れ目がクマの症状を助長している?

疲れ目がクマの症状を助長してる?

疲れ目,クマ,症状,助長

 

しっかりと睡眠時間は確保できていて、寝不足というわけではないのにクマがなかなか治らないという場合に、疲れ目が関係しているということが考えられますよ。

 

デスクワークが多くパソコンで長時間の作業をしていたり、移動中や食事中にスマホをいじっていてずっと目を酷使していると疲れ目の症状が出てきてしまいます。疲れ目の症状が出てくると血行不良になってしまいクマになりやすくなってしまうことがありますよ。

 

疲れ目には厄介なところがあるのですが、それは「慣れ」です。

 

慢性的に目が疲れていると眼精疲労にもなってしまうのですが、この眼精疲労はクマだけでなく、目のかすみや充血という目の直接的なトラブルが起きてしまうのですね。

 

さらに、肩こりや頭痛、めまいに吐き気など目だけでなく体にも異変が起きてしまうので、疲れ目というのは放っておくのは危険です。

 

「目が疲れる=血流が悪い」と考えられますから、血行不良を解消させるために仕事中に目を休ませるという習慣も作っておきましょう。

疲れ目をケアする方法

疲れ目,クマ,症状,助長

 

目が疲れてきたらおウチに帰ってめぐりズムなどのケア用品でリラックスすることもできますが、仕事中には使用することができませんよね。

 

そこで、仕事中にできる簡単なセルフケアを紹介しておきます。

 

その方法は「目を閉じる」です。本当に簡単な方法ですが一番効果がありますよ。
目を閉じるだけで緊張していた筋肉が和らぎますし、涙(水分)に浸かるので目に栄養が入ってくるとされています。

 

水分を目に与えるという意味では目薬をさすのも効果がありますが、市販の目薬は防腐剤が入っているので、場合によっては刺激が強いことがありますよ。

 

理想としては一度眼科医に相談してどんな目薬が自分に合っているのかを相談するといいかもしれません。

 

目薬を使わなくても目を閉じるだけでいいですし、遠くの方をぼんやり見るだけでも筋肉は緩みますので、目の疲れを和らげることができます。

 

 

疲れ目をケアすることでアイキララの効果も実感しやすくなりますから、アイキララに頼りっぱなしにするのではなく、生活習慣を見直すきっかけにしてみてくださいね。

 

⇒アイキララの口コミ情報