眼窩脂肪 燃焼

眼窩脂肪を燃焼させることはできるのか?

眼窩脂肪 燃焼

 

目の下の脂肪のことを眼窩脂肪(がんかしぼう)と言いますが、この部分の脂肪はお腹や二の腕と同じように燃焼させることはできるのでしょうか。

 

眼窩脂肪は目のたるみのことですから、できることなら脂肪を燃やしてすっきりとした目元にしたいですよね。

 

実は眼窩脂肪も他の体の部位と同じように脂肪を除去させることができるのです。

 

眼窩脂肪の一番の原因は目の周りの筋肉の老化です。

 

目の周りの筋肉は眼球を支えていたり、眼球が下がってしまうことを防ぐ役割を担っていますよ。

 

 

もし、筋肉が衰えてしまうと少し下がった眼球が眼窩脂肪を圧迫して押し出してしまうので、目元がたるんできてしまうのです。

 

 

これを解消するためには目を上下左右に動かすなど筋肉を使う必要があります。

 

そうすることで脂肪を燃焼させることができるのですね。

 

目の周りの筋肉は顔にあるいろんな筋肉と連携しているので、目の周りの筋肉だけを動かすよりも顔全体の筋肉と一緒に動かすと効果的ですよ。

眼窩脂肪は目を守ってくれている

眼窩脂肪は目のたるみを引き起こすので厄介なヤツのように思えますが、実は目を守ってくれる役割も果たしているのですよ。

 

脂肪がなければ眼球を守ることができずに眼病に繋がることもあるのです。

 

 

例えば、脂肪はクッションの役割を果たしています。

 

ですので、外部からの刺激を守ってくれますし、眼球を正常な位置に保ったり、脂肪の下にある筋肉や骨が傷つけられないようにする役割もあり、また、脂肪は熱伝導率が低いです。

 

太っている人は体温が暖かいですが、これは脂肪の熱伝導率が低く、保温作用の役割を果たしているからなのです。
つまりは生命を維持するためには脂肪も必要だということなのですね。

 

脂肪はたるみを引き起こすものではありますが、決して悪い側面だけがあるというものではないということは知っておきたいものですね。

 

⇒アイキララの口コミ情報へ