アイキララ 成分

アイキララのMGAってどんな成分?

アイキララ 成分

 

アイキララの効果を支えている成分にMGAというものがあります。

 

 

MGAはコラーゲンをサポートする成分で、ビタミンC誘導体の一種が加齢で失われたハリと弾力を覚醒させるといわれていますよ。

 

そうすることでふっくらと若々しい印象にしてくれるのですが、これはコラーゲンの持つ栄養素を肌内部にしっかり留める働きも同時に覚醒させます。

 

健康的な肌色に見えるようにするために肌の栄養分や潤いをキープしてくれるというわけですね。

 

 

ちなみに、MGAは正式にはAmitose MGA(VC-MG)といい、他のビタミンC誘導体にはないO/W(Oil-in-Water)型乳化機能を持つユニークなビタミンC誘導体です。

 

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、美容成分だけ使ったクリーム製剤など、新発想の高級化粧品の開発などに使用されていて、近年注目されている成分なのですよ。

 

 

アイキララは目のクマを根本から治すという今までにない美容製品であり、MGAという美容業界で注目の成分を使用しています。

 

これこそ、アイキララが結果を出してくれる大きな要因となっているのですね。

アイキララに含まれている成分一覧

アイキララの注目成分としてMGAを紹介しましたが、他にもいろんな成分が含まれています。

 

主に多くの植物由来の成分を使用しているのですが、具体的にどのような成分を使用しているのかは下記で確認してください。

 

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

アレルギーをお持ちの方は肌に合わない成分はないか確認してくださいね。

 

もし使用している成分に問題がなかったらアイキララを試してみてください。