目の下の黒クマの原因と治す方法

黒クマの原因は?

目の下,黒クマ,原因,治す

 

黒クマになってしまう主な原因は加齢だと考えられています。

 

 

黒クマになってしまう人はどんな人なのかというチェック項目がありますので、以下の項目に当てはまるところはあるのか確認してみましょう。

 

黒クマになってしまう原因

 

・ほうれい線が気になる
・目元のたるみやシワが気になる
・アイクリームを使ったことがない
・目元がかさつきやすい
・肌が疲れているように感じる など

 

黒クマの原因はたるみやシワといった年齢によるエイジングサインと言えそうです。

 

エイジングサインというと40代、50代を想像するかもしれませんが、目の下に関して言うと20代後半から30代になると黒クマの症状が出始めてくるのですよ。

 

これは目の下の皮膚というのがカラダの中でももっとも薄い部分と言われていることからも想像できるように、影響を受けやすい部分であることが理由として考えられます。

 

 

もし、目の下にうっすらと影のような黒クマができたのなら早急に手入れをする必要があるでしょう。

黒クマを治す方法

目の下,黒クマ,原因,治す

 

黒クマを治す方法についてですが、まずは規則正しい生活を送って疲れを溜めないことが重要です。年齢を重ねるごとに疲れは取れにくくなり、年齢の影響が肌に出てしまいますからね。

 

また、黒クマを治す時のポイントとしては攻めのケアをすることが大切になります。

 

例えば、目の周りの筋肉をしっかりと動かすことは効果的ですね。年齢を重ねるとどうしてもたるみが出てきてしまいますので、ギュッと3秒ほど目をつぶって筋肉を刺激して、パッと大きく目を開くという運動を10回くらい繰り返してください。

 

目の周りの筋肉を鍛えることで黒クマを予防することをしていきましょう。

 

 

さらに、スキンケアも忘れずにしておく必要があります。

 

アイキララのような皮膚の内側から原因を解消していくアイクリームは青クマと同様、黒クマとも相性がいいので目の周りの筋トレと一緒にアイキララでのケアも行っていきましょう。

 

年齢による肌の衰えは仕方がないことですが、早いうちからケアしていくことで症状を抑えることができますし、相手に与える印象も良くなっていくはずですので、しっかりと対策をしておく気持ちを忘れてはいけませんよ。

 

⇒青クマの原因とは?