茶クマの原因とスキンケアの基本テクニックとは?

茶クマの原因は何?

茶クマ,原因,スキンケア,基本

 

茶クマになってしまう人の主な行動はこすることだとされています。

 

 

茶クマになってしまう人のチェック項目がありますので、以下の項目に当てはまる方は茶クマに注意しなければなりませんよ。

 

茶クマになってしまう原因

 

・つけまつげやアイメイクはバッチリとしている
・目元用のクレンジグを使わない
・目がかゆくなることが多い
・シミやそばかすができやすい
・インドアよりはアウトドア派 など

 

茶クマの原因のほとんどが色素沈着だとされています。色素沈着はいわゆるシミですが、これは「こする」という物理的な刺激のために起きてしまう現象なのですね。

 

目元の皮膚は非常に薄くてデリケートなので、アイメイクを落とすときにゴシゴシとこすり落としたり、目がかゆくて無意識にこすってしまうなどの物理的な刺激によってシミができてしまいます。

 

この習慣が続いてしまうとシミが濃くなってしまい茶クマが目立ってしまうので、目元をゴシゴシとこすることはやめましょうね。

 

茶クマの原因は物理的な刺激の可能性あり!

茶クマにならないための基本とテクニック

茶クマ,原因,スキンケア,基本

 

 

茶クマにならないためのスキンケアの基本を覚えておきましょう。

 

まず、クレンジングはこすらないことが大前提です。眠かったり、疲れていてもクレンジングをするときはこすらないように気をつけましょう。優しく丁寧に落としましょうね。

 

コットンを使用するときはまぶた全体にコットンをのせ、上から下に一方向に動かしましょう。マスカラなどは綿棒で落とすのがいいですね。

 

アイクリームを塗るときもこすらないことが大切です。できれば目の下の部分は目頭から目尻に向かって指で滑らせてなじませるのも可能であれば避けて欲しいです。

 

けれども、一般的なアイクリームは指で伸ばして使用するものがほとんどです。
そこで活躍してくれるのがアイキララなのですね。

 

アイキララは指で伸ばす前にポンポンと優しく染み込ませることができますので、目元のクマに刺激をなるべく与えずに解消させることができます。目の下専用のアイクリームもあまりありませんから、茶クマで悩んでいる方は試してみてくださいね。

 

⇒アイキララの使い方