ビタミンC誘導体 効果

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体の効果はビタミンCを酸化しにくい成分に変える点にあります。

 

ビタミンCには抗酸化作用やメラニンの発生を抑制する効果がありますが、安定性が低いために使っても効果がないと言われている面もあるのですね。

 

 

美肌には欠かせない成分となっているビタミンCですが、アイキララにもビタミンC誘導体(MGA)が使用されているので、効果がないと知ってしまうと使うのに抵抗が出てきてしまいます。

 

ただ、効果が持続する期間が短いだけであって、シミやたるみなど肌に効果がない訳はないので化粧品などでビタミンC誘導体が使用されているものは効果が期待できるでしょう。

 

 

問題なのは効果の期間が短く、なかなか持続しない点が挙げられます。

 

ですが、人が活動していく上で摂取した成分がずっと効果を発揮するものではないというのは何もビタミンCに限ったことではありませんし、毎日の習慣として継続していけば効果は現れるでしょう。

 

人の肌はターンオーバーしていきますので継続することが大事になります。

 

その点気軽に続けられるアイキララは効果が出やすい商品だと言えますね。

効果を引き出す方法

ビタミンC誘導体の効果を引き出すためには継続して肌に浸透させることが必要ですが、もう一つ必要なことがあります。

 

それは一緒に使用される成分の効果です。

 

一つの成分だけでお肌の環境を維持することができるものではないので、他の成分との関係性や作用が重要になってきますよ。

 

 

目の下のクマを改善してくれるアイキララに関して言えば、ビタミンC誘導体の他にビタミンK混合原料(アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム)とペプチド混合原料(パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン)が注目成分となっています。

 

 

ビタミンKには血管壁を整え、血栓を溶かし血液をサラサラにしてくれる効果が、ペプチドには乾燥や血行不良による色素沈着を解消し、ハリをもたせむくみを抑制する効果があります。

 

アイキララはこの3つのアプローチで目の下のクマを解消してくれるので、高い効果が期待されていますし、口コミでの評判も高いのですよ。

 

効果を引き出すには継続と関係成分の作用がポイントになるでしょう。

 

 

アイキララの成分一覧はコチラ